頭皮に有効な植毛とは

植毛とは頭皮に直接毛を植え込むという増毛の方法であり、植える毛の種類によって2つの方法に分類されています。人工毛植毛ではポリエステルやナイロンなどで作られた人工毛を使うことになるため、頭皮に植え込む髪の毛の量や長さを自由に決めることができます。

goo ニュースに対する期待が寄せられています。

そのため1回の施術でイメージ通りのヘアスタイルを実現できるというメリットがあるのですが、異物を頭皮に埋め込むことでトラブルが起こりやすいとされています。

体の免疫機能によって異物を外に追い出そうとしてしまうため、髪の毛のボリュームを維持したい場合は定期的なメンテナンスが必要となります。

また、付け根の部分で切れて頭皮の中に人工毛が埋まってしまった場合、炎症や化膿を起こしたり、周囲の髪の毛が生えてこなくなるなどの症状が出てしまうこともあります。自毛植毛は自身の髪を薄毛の部分に移植していく方法となっており、抜けにくい性質を持っている後頭部や側頭部の髪の毛を利用することになります。移植した髪が定着すれば生涯にわたって生え続けますし、抜けても自然なサイクルの中で生えてきます。
メンテナンスをする必要はないですし、自身の髪を移植するので自然な仕上がりになります。



ちなみに、移植した髪の毛は一旦抜け落ち、施術をしてから3~4か月程度してから再び生えてくることになるため、施術の効果をしっかりと実感するためには1年程度の期間がかかってきます。


また、一度に採取できる髪の毛の量にも限りがあるため、たくさん移植したい場合は繰り返し施術を受けることになります。

オンリーワンの植毛についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。